震災時用のストック

 

大震災に備えて、食料品や飲料水など各家庭で備蓄?されていると思います。

万が一に備えて必要ですよね。

その保管方法は?

廊下や階段などに積み上げたり、クローゼットや押し入れの奥に保管していませんか?

 

あるご家庭では、階段や机の下、玄関など至る所に災害用備蓄名目のストックが所狭しと置かれていました。

万が一、避難する(家の中の移動のこと)時、通路をふさいで家から出ることが出来なくなる可能性大です。

それに、倒壊する危険性もあるので、多分避難所に行くことになると思います。

 

備えあれば憂いなしと言いますが、通常の生活に支障をきたすほどストックする必要はないと思いませんか?

 

ライフラインも途絶えてしまうと思います。それも頭に入れてストックするものを考えてくださいね。

缶詰と缶切は一緒にね。

 

震災時は非常事態です。通常考えられないようなことが多々起こると思います。

備蓄も必要ですが、精神面の余裕が大切かと思います。

自分のことばかりではなく他の人を助けることが出来るくらい落ち着いていたいですね。その余裕があれば、他人に迷惑をかけない行動が出来ると思います。

 

震災時は非常事態です。

通常の常識は通用しないと覚悟しましょう。

また悪いことばかりではなく、人の優しさや、温かさ、自分の弱さを知るきっかけになるかもしれませんね